大上卓人選手 特徴

大上卓人(おおうえたくと)選手は、広島支部に所属するA1級の競艇選手。
同期に島村隆幸選手や丸野一樹選手、永井彪也選手らがいる。
大上卓人選手は2011年11月22日、宮島競艇場でデビューし、翌2012年1月10日宮島競艇場にて初勝利を飾った。
広島支部では藤井泰治選手以来、久々のリーグ勝率第1位を記録している選手である。

所属登録番号登録期級別平均ST
広島支部4682109期A1級0.12
勝率2連対率3連対率出走回数優勝回数
7.3457.20%67.17%131回2回

大上卓人選手の特徴

大上卓人選手は、スタートダッシュを武器とする典型的な攻撃型戦選手で、1コースでの1着率は90.6%と高い数値をマークしている
平均スタートタイミングは0.12で、かなり早めのスタートタイミングである一方、年に1~2度はスタート事故を起こしている。
グレードのレースでの活躍が少ないが、一般競走においては常に優勝争いに絡んでいる。

大上卓人選手のコース別決まり手

コース出走数1着数逃げ差しまくりまくり差抜き恵まれ
1コース36324223300090
2コース3107705713034
3コース2886106272350
4コース341820103625110
5コース3833704111651
6コース5212602101121

大上卓人選手の優勝歴

SG優勝G1優勝G2優勝G3優勝
0回0回1回0回

※2021年9月20日時点

SGの優勝歴

  • ナシ

G1の優勝歴

  • ナシ

G2の優勝歴

  • 第64回結核予防事業協賛 秩父宮妃記念杯(2020年10月19日・びわこ競艇場):まくり

G3の優勝歴

  • ナシ